空き家の不動産取引について

 こんにちは!!

 

 産経新聞の記事から抜粋します。

 国土交通省が比較的価格の低い空き家の不動産取引について、仲介手数料の上限規制を緩和する方向で検討に入ったことが4日分かった。

 空き家取引に特有のコスト負担を考慮し、仲介手数料の上限を定めた国交省の告示を改正する。今後も増え続ける空き家の有効活用に向け、不動産事業者の仲介取引を活性化させる狙いがある。

 

 不動産取引の仲介手数料は売買価格に応じて上限が定められるため、築古の物件も多い空き家は一般的に仲介手数料が安い。扱う物件が遠方の場合は現状調査のコストもかかり、成約率も低いなど、労力に見合った

 報酬が期待できず、仲介事業者が空き家の取り扱いを敬遠する傾向があるそうです。

 現行の仲介手数料(税抜)は(1)物件価格が200万以下=価格の5%(2)200万円超から400万円以下=価格の4%+2万円(3)400万超=価格の3%+6万円。告示改正では400万以下の空き家取引を対象に、

 現状調査などの必要経費分を空き家所有者との仲介手数料の上限に加算できる案が有力だ。一方で過度の上乗せを防ぐため、仲介手数料との合計が18万円を超えないようにする方向で調整を進める。

 

 空き家もどんどん仲介していきますよ^^

女性

はじめての方もご安心ください。経験豊富なスタッフが、
物件探しのノウハウや資金計画まで丁寧にアドバイスさせて頂きます!

見るだけ聞くだけOK

電話で問合せ

通話料無料

0800-919-4411

定休日:年末年始
営業時間:9:00-19:00 

ページトップ